フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【中国杯】 小塚崇彦選手のフリー演技

本人が「最悪」と振り返ったその演技は、たしかに厳しい内容だったかもしれない。スケートアメリカのフリー後のインタビューで、「気持ちの上で、余裕のある状態で試合に臨めれば、こういうことにはならなかったかな、という風に思う」と話していましたが、そういう状態の中にあって、短い調整期間しか取れなかったのは、結果的には辛いスケジュールだったといえるだろうか。
このサーキットの難しい側面が顔を出したというところかもしれませんが、さして珍しい日程ではないのだし、これが1週間あとだったら、2週間あとだったら…なんてことは、考えても仕方のないことなんだよな。思わず考えてはしまうのだけど。

しかし、その悩みは深そうだ。「試練の時」という言葉が頭をよぎる。でも、本当にありきたりの表現で申し訳ないのですが、がんばってほしい。そして自信を持ってほしい。軽く響く感じが自分でも否めないのだけれど、心からそう思う。

SPに続き、フリーもよく滑っていたし、よく動いていたと思うんですね。フリップ転倒後の終盤はキツかったのかもしれないけど、それでも最後2つのジャンプはよく降りましたよ。
スケーティングスキルの評価は、ヤン選手からわずかに後れを取ったものの、「自身最高」の評価。そんな表現に意味はないのかもしれない。でも、自信を持ってほしい。「当たり前のように跳べてなきゃいけない」(直後のインタビューより)ジャンプを、厳しい局面で当たり前のように降りた自分に、自信を持ってほしい。ホント、いうのはカンタンだ。そんな言葉が届くのかとも、あらためて思うよ。でも、言わずにはいられない。

…そういう自分(書く言葉)に酔っているだけでは?うーん、それは否定できないな!でもその上で、その上でとか図々しかろうが何だろうが、言っておきたいこと、言っておかなくちゃダメだと思うことは、言っとかなきゃダメなんです。そのタイミングを逃してもダメ。

小塚崇彦は素晴らしいスケーターで、アスリートで、表現者で、その代わりはいないし、誰にも務まらない。これまでの自分にも、いまの自分にも、自信を持ってほしい。そして、オリンピック代表の座を勝ち取るんです。絶対に。彼にはソチに行ってほしい。絶対にだ。
そう思うなら、そう声に出さなくちゃ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/04 20:50 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)
タロウさん、こんばんは!

記事読んでうるうるしてしまったー…(;O;)
ここの所、正直色々心配してネガティブになりがちだったんですが、タロウさんの記事で元気が出てきました。

私も身体はよく動いているように見えますし、後半の3-3決めたのはやっぱり凄いことですよね(ファンの欲目かもですが)。それにやはりあの美しいスケーティングには惚れ惚れです。

素晴らしい選手がたくさんいて特に日本は激戦だけれども、ソチへの切符ぜひ手にして欲しいです!
[ 2013/11/06 23:05 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Jamesさん、こんばんは。

> 私も身体はよく動いているように見えますし、後半の3-3決めたのはやっぱり凄いことですよね(ファンの欲目かもですが)。それにやはりあの美しいスケーティングには惚れ惚れです。

そうですよね!よく降りた!と思いましたもん。おっしゃるとおり、そのスケーティングは絶品だし。

> 素晴らしい選手がたくさんいて特に日本は激戦だけれども、ソチへの切符ぜひ手にして欲しいです!

激戦も激戦、大激戦ですが、ぜひとも勝ち抜いてほしいと思います。

タロウ
[ 2013/11/07 22:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。