フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【中国杯】 マキシム・コフトゥン選手のフリー演技

この日最大のハイライトは、「ナ~ハッハーダブルになっちゃった!」という稔の言葉か。まともな解説とは思えんが、多くの人の心の声を代弁してくれる稔にこそ「特別解説」の冠はふさわしい、そう思わないでもない。とにかく、いろんな意味でスペシャルだぜ。

しかし惜しかったですねー。それでも4回転サルコウを2回決めてみせたのは、立派だったと思います。アクセルも2つ入ったし。演技そのものも悪くないと思うんですね。コフトゥン選手のスケールの大きさを表現するにふさわしい選曲のように感じましたし、彼の体のサイズにもあっているというか。長い腕にダボっと感のある衣装も効果的。
トランジションとインタープリテーションをやや抑えめにするジャッジが目立つ気もしますが、その構成上致し方ない面もあるだろうし、表現に対する意識はきちんと持っている選手だと思う。スピンで魅せる工夫にも好感を持ちました。

シニアGPデビューで2位という成績は、これまた立派ですよね。次は地元ロシアで、プルシェンコ選手と直接対決か。レイノルズ選手(間に合ってほしい!)やフェルナンデス選手もいますから、なんだかすごい大会になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/04 21:28 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL