フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【NHK杯】 高橋大輔選手のSPの演技

やるときゃやる男だと知ってはいましたが、実際ここまでやられると驚くよ。NHK杯では2シーズン前のSPでも「降りてきた」けど、また降りてきた…というか降りないならオレが降ろしてやる的な強烈な意志の力を感じた。ヤバイ。また更新されてしまった。大輔史上最高に男前な演技だった!!!

冒頭の4回転は鮮やか。なんか目が覚めた。起きてたけど起きてなくてホントに起こされた、みたいな。ただSPの単独ジャンプとしてはどうなのか?ということで、「0」もしくは「-1」を付けたジャッジがいたのかもしれません。ちなみに、そのあとのアクセルでも目が覚めた。それほどの美しさ。
構成の変更に伴い、音楽(の編集)にも手を加えていますよね。その闘志もさることながら、しっかりと(さらに)戦えるプログラムにするため作り直し、この短期間で仕上げてきたわけですから、そうした下地があっての今回のこの出来、という点も見逃すわけにはいかないと思います。

キャメルは足換え後の実施が惜しかった。その後のルッツコンボもやや着氷(後の流れ)に難があったため、この水準の加点に留まったと。さらにスピン2つでレベルの取りこぼしがありましたから、逆にいえば、まだまだ得点を伸ばす余地はあるわけです。
フライングシットについては、サイドとビハインドが認められなかったか。コンボはサイドからバックへの姿勢変更そのものかその回転数か、NBPの線もあるかなと感じましたが、確たることは(もちろん)わからず。
ステップは満点入りました(「2」を付けたジャッジは1人おられましたが)。その音楽表現の凄まじさったらない。またよく体が動いていますよね。そのあたりはしっかり作れているといいますか、本当によい状態である(あった)ことに間違いはなかったのだと思います。

演技後も、インタビューの席でも表情は崩さず。今日は最初から最後まで男前としかいいようがない大輔であった。でも、明日はまた違う表情を見せてくれると思う。本人的にも、このSPとフリーの組み合わせはいいのかもしれないな。「明日が大事」か。そのとおりだ。そのとおりなのだろうけど、今日は今日でやっぱ喜びたいや。その喜びを胸に、ぐっすり眠るとしよう。しかし眠れるか?オレ。それぐらい衝撃的な高橋大輔選手の演技でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/09 00:41 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)
よかったです!
昨日、代々木で見てきました!!
すごく良かったですよね。
プログラム冒頭からの一連の振りを見たところで「あぁ、やっぱりこの人の演技は違う!」と思いました。
最近つまり気味だったジャンプがよく流れていて、ノーミスの予感に力がこもりました。
そして知らず「上へ上へ、もっと上へ」と念じながら見守り、そしてフィニッシュ!
2階席でしたが総立ちです。
強い高橋を見ることができて、本当に幸せです。
今日もがんばれ!

いつも楽しく読ませていただいています。
自分があまり気に入らなかったプログラムもこちらでほめられていると、「なるほど」と思い、より親しみをもってみることができます。これからも、楽しみにしています。
[ 2013/11/09 08:14 ] [ 編集 ]
Re: よかったです!
あよさん、こんにちは。

> 昨日、代々木で見てきました!!

すごい瞬間(演技)に立ち会われましたね!

> そして知らず「上へ上へ、もっと上へ」と念じながら見守り、そしてフィニッシュ!
> 2階席でしたが総立ちです。

会場の雰囲気は、画面からも伝わってきましたよ。

> 自分があまり気に入らなかったプログラムもこちらでほめられていると、「なるほど」と思い、より親しみをもってみることができます。

それはうれしいお言葉です。僕も同じ経験があるので。これからもそういう「きっかけ」を大切にしたいなと思います。「好き」が増えるのは、とてもいいことですよね!

タロウ
[ 2013/11/09 13:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL