フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【NHK杯】 浅田真央選手のSPの演技

ジャンプ2つがマイナス要素にはなりましたが、それが何か?といいたくなるトータルのすばらしさ。70点台は当然も当然、5コンポーネンツはもっと高くても、個人的にはまったく驚かない。それぐらい、フィギュアスケートでもっとも大切なものが、この演技にはあると思うので。僕は9点台を付けたジャッジを「全力応援!」します。
しかしNHKは、キスアンドクライでまで「全力応援!」しなくてもいいと思う。そのキスアンドクライのクオリティも、残念ながら抜群の安定感だ。

本当に、今季のSPはずっと繰り返し見ていたい。このプログラムにおける浅田選手の表現は、すごい領域に達していると思う。一つ一つの音に対する反応がものすごくて、もう体にそれらがすっかり浸透しているのだろうな。
今夜のフリーは、ぜひ140点台を視野に入れてほしい。大事なのは点数(だけ)じゃないという思いもあるのだけど、それをこの時期に出しておくことは、とてもいいインパクトを与えると思うので。今日の浅田選手には多くを望みたい、と勝手ながら僕は思っています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/09 14:37 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL