フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートカナダ】 VARTMANN / VAN CLEAVE組のSPの演技

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダのペアSPから、Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE組のSPの感想です。



上の動画は"Lombardia Throphy"(9月中旬の開催)のものなのですが、僕はこの選曲がいいなと思いまして。すごく難しいと思うんですね、こういう曲を表現するのは。同じ旋律の繰り返しといいますか、その中で徐々に強くなっていく変化があるにはあるのだけど、基本一つのラインみたいな。でもだからこそ盛り上がる、という部分もあるわけで、その波に上手く乗れれば非常に効果的、しかしそれが難しくね?みたいな。みたいなみたいな。あやふやで申し訳ないのですが。

その難しいと思われる音楽を、2人はよく表現しようとしているように、僕には感じられました。「よく表現しようとしている」という表現も大概あやふやなのだけど。うん、いい雰囲気が出ているし、悪くないと思うんだけどな。どうだろう?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/14 23:13 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL