フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【ファイナル】 浅田真央選手のSPの演技

すばらしい演技だったと思います。今日も本当に美しい『ノクターン』だった。そして、演技後のあの表情(と反応)。浅田真央が「SP」で自分のパフォーマンスに大いに納得している、という事実に、僕はこの上ない喜びを感じます。

アクセルは、回ったと思ったんだけどな。見た目は限りなくクリーンに見えましたし、各ジャッジの評価もそれを反映したものになっていますから、そういうことなのだろう。この自分を納得させる(最終的に「完全」にするかどうかはまた別の話)作業には、いつもながら結構な労力がいるな。そのこと自体にはしようがないとは思うのだけど。
スピンコンビネーションは、足換え後のサイドの回転数かな?微妙なところだ。でも実施はすこぶる美しかった。ステップもよかったなー。その緩急(それはこのプログラム全体にいえることだが)がたまらないですし、後半のスピードがまたすごいや。そこからは、もうただひたすらに「うっとり」ゾーンだ。いや、2分50秒ずっとだけどね。

コンポーネンツは35点台にあとわずか。うーん、僕はジャッジの総意として「9点台」が見たかった。わからないけど、わからないなりに(?)出てもおかしくない出来だったと思うんだけどな。
これはフリーの演技も楽しみ。今シーズンはホントずっと楽しみなのですが、浅田選手本人がとてもよい感触を得た様子なので、そのあとということでさらに楽しみです。
それにしても、今季の新『ノクターン』を見たあとの幸福感、その満たされっぷりったらないな。明日もがんばるか!とか、前向きな気持ちになれるよ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/05 23:54 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL