フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【欧州選手権】 カロリーナ・コストナー選手のSPの演技

『ユーモレスク』から変更と聞き、「えっ?!めっちゃええプログラムやったのに!!」と失望したのもつかの間、新作『アヴェ・マリア』の素敵なこと素敵なこと。
いや、ユーモレスクはユーモレスクで本当に好きだったのですが、このアヴェ・マリアもコストナー選手の滑りにぴったり。結果的に「1シーズンに2度おいしい」展開になったことを、ここは素直に喜ぶべきか。

でも、彼女は表現の幅が広いですよね。それに、王道でも王道と感じさせない「ならでは」という部分がかならずある。そこがいい。「王道」とまでいえるかどうかはアレだけど。
スパイラルからフライングキャメルに入るところとか、もう絶品。ステップもいいわー。スケート伸びまくり、バランス(体幹に影響を及ぼすような動き、というのか)とか超難しそう、タメも効いてるなーという。ホント素敵。日常生活ではおよそ使う機会のない「素敵」を連発するオレ。ちと恥ずかしいけど、でも素敵なものは素敵なのだから、何を恥ずかしがることがあるというのか。でも、ぽっ。

放送内でも指摘されていましたが、スピンは2つレベルを落としていますね。ただ、そのどちらもわずかな回転数の部分で、今回はあまりそのあたりに気を遣っているようには見えなかったので、まずは競技会(それも大きな)できちんと演じ切る、ということに集中していたのではないかと。彼女はそういう段階を踏んで、最終的にはしっかり合わせてくる選手ですから、心配には及ばないと思います。

つーか、フリーも『ボレロ』に戻すのか!それについては、とてもいいことなんじゃないかな?と率直に。どこまで調子を戻しているかという点は、少々不安ではあるのですが、五輪につながるいい演技を見せてくれれば。見守りましょう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/16 22:20 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL