フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

僕が選ぶ今季前半「女子フリー」ベストパフォーマンス

僕が選ぶ今季前半の「女子フリー」ベストパフォーマンスは、全日本選手権における鈴木明子選手の演技です。

タイミングがズレにズレてこの時期になってしまったのですが、そういうことで。でも迷いは一切なく、これしかないでしょ!という感じ。前半のジャンプが続く緊張感。ステップはそのやさしさにうっとり。再びの後半ジャンプの連続は、次々と降りていく高揚感。そして、コリオシークエンスの爆発力。フィギュアスケートの魅力が本当にたくさん詰まっていて、いちばん大切な全体の流れもすばらしく、その表現も絶品。ほんの少し前まで絶不調に陥っていたなどとはおよそ信じられない、とにかくめったにお目にかかれない、まさに「ベスト」の演技だったと思います。

スコアも144点超と、すばらしいものでしたよね。しかし国際大会においても、彼女はそれくらいの得点を出せると思う。SPで70点、フリーで140点、総合で210点を窺うことのできる選手の一人ではないかと。コンポーネンツの評価も、今季はさらに上がっていますし、2つの作品に対する評価も、とてもいいと思うので。
オリンピック開幕まで、いよいよ2週間あまりとなりましたが、団体戦ではおそらくフリーを滑るであろうといわれている鈴木選手。女子は個人戦までの間隔がいちばん長くなりますから、その分調整が難しくなると考えるべきなのかな…とも思うのですが、一度本番同様に本番を滑ることができる(?)という強みもあるはず(そう思いたい)なので、そこで弾みをつけて、いいかたちで個人戦につなげてくれればと思います。ソチでの「全日本女王」の滑りに、心から期待したいです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/20 22:42 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL