フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【四大陸選手権】 小塚崇彦選手に期待すること

フィギュアスケートの四大陸選手権(台北)は、明日から競技がスタート。注目の男子ショートプログラム、後半2グループの滑走順は以下のとおりです。

▽第4グループ
18 Nan SONG CHN
19 Joshua FARRIS USA
20 Denis TEN KAZ
21 Misha GE UZB
22 Richard DORNBUSH USA
23 Adam RIPPON USA

▽第5グループ
24 小塚崇彦 JPN
25 田中刑事 JPN
26 Michael Christian MARTINEZ PHI
27 無良崇人 JPN
28 Christopher CALUZA PHI
29 Abzal RAKIMGALIEV KAZ

優勝争いは、五輪で個人戦のみの出場(男子は日本時間で来月14日から)となるデニス・テン選手を軸に展開されるのかなと思います。いい状態だとよいのですが。
アメリカ勢にも注目ですね。調整はとても難しかったと思うのだけど、全米選手権で辛い思いをしたリチャード・ドーンブッシュ選手とアダム・リッポン選手の2人には、特にがんばってほしいです。シニアの選手権大会初出場のジョシュア・ファリス選手の演技も楽しみだ。同じく、日本の田中刑事選手のシニア選手権デビュー戦も楽しみ楽しみ。

そして、明日最終グループ1番滑走の小塚崇彦選手には、当然の如くトップ争いに絡んでいってほしい。まずはSPですが、ぜひ90点台を。ぜひ目指してくれ。完璧ならついてくると思うけど。でも、ここでドカンとインパクトのある数字がほしいなという思いが強くて。勝手な話ではありますが。全日本以来の演技が純粋に楽しみだという気持ちも強いんですけどね。





以上、スケートアメリカの観客席からのSP動画(感謝!)でした。あらためて、飛ぶように滑っていらっしゃいますなー。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/21 21:55 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL