フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【四大陸選手権】 男子フリーの感想

フィギュアスケートの四大陸選手権は、男子シングルの競技が終了しました。以下、フリーの感想です。

デニス・テン
やはりまだ「戻っていない」感がアリアリと窺える演技だったかなと。まずは要素に集中する、という段階だったのだとは思うのですが、パフォーマンスが落ちるとその分(プログラム構成上の)粗が見えてしまう、という演技でもあったような。スピンもかなり苦しかったか。他のパネルだったらシットの認定はどうだったろう?という水準にも見え、ということは、相当足にキていたのだと思うんですね。ただ、まだ本番まで3週間ありますから、そこまでどれだけ滑り込むことができるか、その調整が上手くいくよう祈りたいと思います。

リチャード・ドーンブッシュ
後半かなり疲れてたなーというようには見えたのですが、でも得点よりその印象はよい演技だったと思いますし、素直に最後までよく滑り切った!といいたい、またそういえる内容だったと思うよ。本当に難しい大会だったとも思うので。彼も来季はどうするのかな…。まだまだ見たい!ずっと見たい!という希望は、それはもうでっかくでっかくあるのだけど。でも、まずは「おつかれさま」、そういいたい気持ちでいっぱいです。

無良崇人
いやー、いい演技だったなー!すごくよかった!すごくよかったと思います。なんだろう、この大会を自分の中で明確に位置付けるものがあって、それに向けてきちんと取り組んでこられたのかな。今大会のリンク(調整)にはなかなか難儀したそうですが、それでも無良選手らしい豪快なジャンプが見られましたし。
そう、その「らしさ」ですよね。「豪快」とか「骨太」とか、そう決めつけるのもアレかもしれないけど、そういう魅力を持った選手って、実はそんなにいないんですよ。実はってこともないか。でもそういう無良選手らしさを大事にして、一つの軸を打ち立ててほしいというか、男子シングルを牽引する存在でこれからもあってほしい。
またそういう彼が滑るから、"Talking to the moon"のような切ない系もグッとくるし、『ラヴ・ネヴァー・ダイズ』のようなドラマチックなものもより引き立つし、それもまた「らしさ」のひとつで、そういう部分を上手く競技のプログラムの方にも反映してくれると、僕的にはうれしいな。ボーカル入りも解禁されますから、それもいいと思う!ぜひ選択肢の一つに。

小塚崇彦
その引き締まった表情から、このいい結果は予想できた…というのはウソ。結果先に見ちゃったもん。でも、そういいたくなるいい表情だった。
全日本の感想と少しカブりますが、氷に描かれる軌道、空中に描かれる軌跡、やはり小塚選手のこのフリーには、きれいで美しい線がたくさんある。キャメルの「ピシっ」もアクセル前の「キリっ」も、好きな線がいっぱいだ。
もちろん、彼のベストの演技ではなかったと思う。コリオシークエンスなどは、もっとグングン滑り(れ)ますから。しかしいまの自分の状態を踏まえ、全体のペース配分も意識しながら、一つ一つの要素をつないでいったスマートな演技だったと思いますし、この難しい状況の中でそれを実現してみせた精神力は称賛されるべきで、またそれができるのはたしかなスケーティングという地力があるからで、そうして次々とジャンプを降りていく姿(ルッツはこの日も大丈夫だった!)には、恥ずかしいけど込み上げるものがありました。
SPの感想で書いたような、よいかたちで次につながるフリーになったのではないでしょうか。そのあたりは、また次の記事で。

ナン・ソン
いい演技は続くよ最後まで。途中ミスもありましたが、4回転も、僕の大好物の3A+3Tも入ったすばらしい内容。この日もカーディガン(じゃねーか)はさわやかで、その演技も総じてよい流れが感じられるもので。もう少し伸びるところは伸びて、スピードも感じられればもっといいのかもしれないけれど、曲調に合わせて演じ分けることができる、違う表情を見せることができる貴重な選手ですから、まだまだ彼の演技が見たいな、そんな風に思います。表情といえば、昨日もいい顔して滑ってたなー。strong
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/25 13:05 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)
現地より
こんばんは!たびたびお邪魔いたします。

デニスくんに関しては同感です。最初の4Tがきれいに決まったのでこれは行くかなと思ったのですが、やはり全体では「戻ってない」ですね。。。昨年同様4CC後の追い込みに期待します。調整頑張って!

リッチー、もっと点が出ると思ったのですが。。。

無良くん、今回は危なげないといいますか、4年後に目標を定めたという意気込みが伝わってきた気がします。まずはおめでとうですね。

小塚くんは、このプロやはり合ってますよね。もう見納めかと思うと寂しいですが、でもまた彼の滑りの良さが活かせるプロを楽しみにしたいと思います。

ナン・ソンくん、五輪代表枠1枠に泣いた一人。。。でも今回の演技はとても情感こもていて好感もてましたし、ちょっとぐっときました。今後ハン・ヤンくんと盛り上げていって欲しいですね。



[ 2014/01/26 00:22 ] [ 編集 ]
Re: 現地より
Sabomomoさん、こんばんは。

詳細なレポートありがとうございます!やっぱドーンブッシュ選手は、得点よりいい内容に見えましたよね。ナン・ソン選手は、テレビの画面でもいい表情がとらえられていて、体全体を通しても伝わるものがあったのだろうなと思います。おっしゃるように、まだまだ中国男子を盛り上げてほしい選手ですよね。がんばってほしいです!

タロウ
[ 2014/01/26 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL