フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【カナダ選手権】 ケイトリン・オズモンド選手の演技

SPについては、スケートカナダのときに書いたとおり(こちら)。グローブを白から黒に変えたのは、正解だと思います。フリーは『クレオパトラ』かー。オズモンド選手の魅力であるパワーや迫力が生きる選曲だと思う。コリオシークエンスは、そこに至るまでの内容がよく、気持ちも乗っていけば、ソチでもめっちゃ盛り上がりそうだ。ただ、プログラム全体としては、あまり印象に残る部分が他にないんだよなー。うーん。

とても魅力的な選手ではあるのですが、表現の引き出しにはまだ限りがあるようにも感じられ、フリーはそのあたりが出てしまうのかなと。SPは1テーマ押せ押せで乗り切れるところがあって(言い方は悪いけれど)、その点強みを発揮できるタイプだと思うのですが。
しかしながら、コーチがテクニカルスペシャリストの資格を持つ方だということもあるためか、得点の取り方は心得ているように見えますし、ジャンプも豪快だし、オリンピックでも上位争いに絡んでくる、きてほしい選手ですよね。体の状態も問題なさそうですし。その活躍がとても楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/28 22:45 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL