フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【オリンピック】 ジェレミー・アボット選手の団体SPの演技

全米のあの演技からの今回のこれ。そのあまりのアップダウンの激しさに、かれこれ7シーズンぐらいこのスリリングな乗り物に乗り続けている僕も、振り落とされそうになっちゃった。そこをなんとかしがみつき、事なきを得ましたが。いや、何針かは縫った。でも大丈夫。ご心配なく。

それにしても、ハァ。なかなか上手くいかないものだ。全米で絶対つかんだ!と思っていた4回転は回転不足で転倒。コンボのリカバリーも完璧には入らず、そしてアクセルはすっぽ抜け。そこからは明らかにテンションが落ちてしまい、ベストの彼からは程遠いキレのなさに。それも致し方ない出来だったのかもしれませんが、コンポーネンツには明らかに影響したと思う。それがいちばん残念だったかな。

うーん、どうなんでしょうね。アクセルについては、後半にするためフライングアップライトスピンの後に少しトランジションを追加し、時間を調整してきたように思うのですが、そのリズムにまだなじめていないのかも…とかいうことも考えたのだけど、激しく説得力に欠けるな。これまでのあれやこれやを振り返れば、なおのことだ。

アメリカチームにとっては、痛い結果になってしまった。でも、アボット選手個人のことを思うとき、これが団体でよかった…というのが本音です。申し訳ない。しかし、次は絶対!ですよね。ホント、頼むよ。僕もヘコんでる場合じゃない。目をそらさずに、応援しなきゃ。いまさら降りられないっつーの。最後まで、意地でもしがみついてやる。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/08 22:43 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/02/09 02:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL