フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【オリンピック】 デュアメル/ラドフォード組の団体SPの演技

今度の団体SPで、いちばんよかったな、すばらしかったなと心から感じたのは、彼らの演技でした。プログラムも見どころ盛りだくさんで、すばらしいんだよな。アクセルラッソーの降ろし方とか、ペアスピンコンビネーションの姿勢変更の仕方とか、スロージャンプに入るまでのトランジションとか、デススパイラルに入る前もそうだし、本当にツボだらけ
ルッツもテンション上がるし、ステップ途中の女性を抱え上げてふんわり1回転のところも挙げとこう。

カナダ選手権の放送で、解説の岡部由紀子さんが「このペアの素敵なところは、男性の動きがエレガント」な点とおっしゃっていましたが、うんうんと頷くことしきり。
5コンポーネンツについては、もっと出てもいいんじゃないの?と素人ながらに感じたことも言っておきたいです。ああ、いい演技だったなー。個人戦でも、このようなパフォーマンスができるといいですね!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/08 23:13 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL