フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【オリンピック】 団体男子フリーの感想

4位はアメリカのジェイソン・ブラウン選手。ジャンプの転倒も残念でしたが、全体的にいいときの彼より発するものが弱い演技だったような気がする。いいときは、本当にすごいので。スピンやコリオシークエンスでももっと加点が取れる選手ですし、それらの結果として、80点に達しないコンポーネンツのスコアになったのだろうか。
国際大会ではまだそこまで高い評価を得たことはないのだけど、もっと出てもおかしくない力があると思うので、それは個人戦に期待しよう。でもオリンピック初めての演技としては、上々だったというべきかもしれません。

3位は町田樹選手。後半ちょっと苦しかったようにも見えたのですが、それでも押さえるべきところは押さえていたと思いますし、ジャンプやステップの加点もさすがだし、いい演技だったと思う!2回目の4回転は残念だったな。そのあとの3A+2Tは、2Tにしたように見え、解説の本田さんが「繰り返し」について言及されていましたが、でも元々彼の構成は4T(と3A)が重複するジャンプなので、そのまま(3A+)3Tを跳んでも問題ないのでは。しかし「滑っている」本人の判断としては、2Tにしておく方がベターといえるかもしれないし、難しいところだ。
もちろん、4回転が2つ入れば何の問題も生じないわけですから、個人戦ではぜひ決めてくれ。町田選手なら大丈夫だろうというこの信頼感。それが今季はすごいのだ。

2位にはケヴィン・レイノルズ選手が。いやー、入りましたね!4回転3つ!カナダ選手権からいい調整ができているようで、とてもうれしかったです。しかしこれでもまだベストの構成ではない、というのがなんと表現すればよいのやら。
コンポーネンツについては…うーん、まずまず出してくれた方なのかどうなのか。でも、ジャンプが入らなかったナショナルの方が、演技としては見ごたえがあったような気もする。あと、スピンのパフォーマンスがもう少し上がるといいな。配置は申し分ないように思うので。次は個人のSP。超カッコいいので必見!

1位はロシアのエフゲニー・プルシェンコ選手でした。フリーは"The Best of Plushenko"。なんじゃそりゃ!なんですけど、それが成立する(させてしまう)彼のすごさを、あらためて思わずにはいられない。後半ダブルジャンプが続く場面もありましたが、それがどうした。トランジション?それがどうした。そう突っぱねられる(そんな感じに見えちゃう)「強さ」ですよね。確固とした自分を持っていることの強さ。すばらしいです。
でも、できれば1つの曲を演じるプルシェンコ選手が見たかったなと僕は思う。何せ盛りだくさんなので、曲が変わっても無反応、みたいなところがどうしても出てしまう。何のために入ってるの?っていう。そういうプログラム、演技に対し、9点台も出るのか。うーむ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/10 23:24 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)
こんにちは!

団体男子FP(だけではないですが。。。)、確かに腑に落ちない部分がたくさんありますね。。。
もっと点が出て良さそうなところが抑えられてる、厳しい判定などが多い気がします。
個人戦になっても同じような流れなんですかね^_^; 公平にジャッジして欲しいですよね。

今夜からいよいよ個人戦スタートですね。ペアと男子と4日連続で夜中起きていられるか不安ですが、このために皆頑張ってきたわけですから見ない訳に行きません!
頑張りますっp(^_^)q
[ 2014/02/11 15:10 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Sabomomoさん、こんばんは。

> 今夜からいよいよ個人戦スタートですね。ペアと男子と4日連続で夜中起きていられるか不安ですが、このために皆頑張ってきたわけですから見ない訳に行きません!

そうですね!と言いつつ、さすがに仕事に差し支えるかな…と弱気になる自分が(笑)。季節も季節だし、まずはあったかくして、ですね。

タロウ
[ 2014/02/11 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL