フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【オリンピック】 微妙な「ズレ」と違和感

昨日の実況について。まず、「トスカ」に触れるなら「ロミジュリ」にも触れんかい!と思ったのは、僕だけでないはず。何のことかという説明は、ざっくり省かせていただきます。

僕が鳥海アナの実況を聞いていて時々感じるのは、同じ場面を見ているはずなのに異なる場面を見ているような、でもやっぱ同じの見てるんだよな…という微妙な「ズレ」。いろんなタイミングだったりその中身だったり、それ以上は上手く説明できないのですが。でも、なんかちょっとズレてるときないですか? あと、ちょこちょこと細かい間違いも、結構あると思う。

それから、ケレメン選手の身体的な部分について触れたところ。まさに演技が始まろうかというそのときに、「こちらの目です」は、何か違う気がする。映像にあわせていうことなのか?とも思うし、そういう背景のある競技者がいまそれに臨もうとしている瞬間にその背景の件は別にいいだろ、という。それも含めて、すべてをひっくるめた一人の選手が演技を始めようというときに、口にすべきことなのか。僕は違和感を感じるのですが。

放送そのものに関しては、やたらと滑走順のテロップ出すのやめてほしい。進行中の試合の興がそがれる。あそこまで親切にしなきゃ、あとからなんか言われるのか? ていうか「親切」って何? ちょっと考えちゃうよ。ホント、最近のNHKの民放化と「画面埋めたい病」の初期症状?には、困ったものだ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/14 17:46 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。