フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

カロリーナ・コストナー選手のオリンピック

いちばん言いたいことから言います。ただただすばらしかったです。本当にすばらしかった。美しかった。そして思いました。ああ、これが「フィギュアスケート」だと。いつか見せてほしいとずっと願っていた演技を、このオリンピックという舞台で現実のものにしてくれた。もうなんと表現すればよいのか…とにかく、感無量とはこのことだ。

SPは、驚きました。まさかフリップ-トウでくるとは。得点的には1.20点の上積みで、それはSPでは決して小さくない点数なのだけど、それよりもっと大きい、ポイントでは表せない価値のあるトライだったと思う。ジャッジへのダメ押しとでもいうのかな。今回のカロリーナは違うよという。彼女の意気だったり、いま現在の充実ぶりだったり、そんないろんなものも伝わってくるジャンプだった。

報道によると、コーチにも相談しない「ひらめき」だったとか。すごいなー。体も心も、本当によい状態だったのだと思いますし、感触もよくて、それを信じて自然に出せる、気負いもない穏やかな佇まいだったのだろうな。
プログラムの変更についても、あらためて大正解だったなと。いや、『ユーモレスク』も好きだったけども。繰り返し言っとくけども。ただ、ここ一番で見たい、また彼女の魅力をより多く、大きく引き出すプログラムは、この『アヴェ・マリア』だった。
演技後のあの表情。こちらも心から「よかった…!!」と感じる瞬間でした。

フリーは『ボレロ』。また言おう。すばらしかったです。ステップは、震えました。ゾクゾクきました。ただSPのコンポーネンツは予想どおりのトップ。フリーも…あれ?違うの?そうですか…。そうですか…。そうなんですか…。懲りないオレ。

たしかに、後半のジャンプはクリーンとは言い難いものが多かったかもしれないし、少しジャンプのための時間になっているかなと感じなくもなかったのですが、でもコストナー選手が滑っているだけで、そのスケーティングを見ているだけで、どんぶり3杯は軽く平らげられるという僕にとっては、さほど大きな問題には感じられなかったし、それが全体を決定づける要素になり得るとは思えないし、とにかく、とにかくすばらしいフリーだったよ。スコアとか、もういい!って。よくはないけど、もういい!って。

それは奇跡のような時間だった、というと、怒られるだろうか。その銅メダルは、「私にとってこのメダルは金メダルに等しい。我慢強く、多くを犠牲にして苦しい練習をしてきたことが最後に報われた」(※)末に手にしたものだったのだから。あくまでその上に成り立つ演技だったのだから。
でも、それは奇跡のような時間で、まるで神様からの贈り物のような時間で、しかし彼女のこれまでのこの競技に対する献身があってこその時間で、それが享受できた喜びは、僕にとってたとえようもなく幸せなことで、いまはただ、それにすごくすごく感謝しています。その気持ちが向けられる先は、もちろん、この世界でいちばん素敵なスケーター、カロリーナ・コストナー選手です。そしておめでとう、カロリーナ。

(※www.asahi.com/articles/ASG2P1BWLG2NUTQP03P.html)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/26 23:20 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)
こんにちは。
もう付け加えることは何もないのですが、それでも言わせてください。
本当に美しかったです。
カロリーナが自分にとって金メダルと思えるなら、そのことも本当によかった。
端正で美しいスケーティングができる人はいても、こんなに雄大で伸びのある滑りが
できる人が今後、出てくるのかなというくらい。
衣装もプログラムもヘアメイクもほんとにきれいでうれしくなりました。
[ 2014/02/27 02:55 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
suaさん、こんばんは。

> 端正で美しいスケーティングができる人はいても、こんなに雄大で伸びのある滑りが
> できる人が今後、出てくるのかなというくらい。
> 衣装もプログラムもヘアメイクもほんとにきれいでうれしくなりました。

おっしゃるとおりだと思います。本当にスケールの大きな滑りができる選手ですよね。表現もすばらしいですし、こういう選手はこれからなかなか出てこないかもしれません。衣装のセンスがいい、というところも含めて。

タロウ
[ 2014/03/02 20:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL