フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

グレイシー・ゴールド選手のオリンピック

SPに関しては、なんとか乗り切り、踏み止まったという内容だったか。彼女は大事な場面でいつも…というわけではないのですが、ジャンプがああいう感じになってしまうことがありますよね。ただ、それでも降りてくるところがすごいなと思いますし、得点的にも申し分なく、その力はさすがといえるものではなかったでしょうか。

フリーもフリップの転倒こそ残念(ここが少し鬼門になっているような気も)でしたが、全体としてはすばらしい内容だったと思います。団体のときよりすごくよかったと思う。ジャンプもスピンもステップも、ほぼ文句なし。
スピンは独創的なポジションこそ見られないものの、その構成は結構独特のような。最初のキャメルフォワード→シットビハインド→アップライトストレートとか、あまり見なくないですか? どの姿勢もきちんとしていて、その変更もとてもスムーズなので、いつも「おおーっ」という感じになっちゃう。

表現的にも、音楽の強弱によって演じ方、体の使い方等をしっかり変えているように感じられるところも見受けられ、そこは今回「発見」というか、素直にいいなと感じました。…遅いですか?
でも、これだけいいものがそろっていて、華もある選手で、見ているときはきれいだな、清々しいなと思うし、そのスコアもすごいのに、後々残る印象はそれほどではない…という点があるのも事実で。僕にとっては、だけど。

そこはホントなんだろうな?と思うところなのですが、僕としてはもっとパンチがほしいといいますか、プログラムの中でもっと見るべきポイントとでもいうのか、そういう部分がほしい。コリオシークエンス中にダブルアクセルとか、あまり他の選手がやらないこともしているのですが。

これからのアメリカを引っ張っていくのは、現にそうなっているかもしれませんが、間違いなく彼女です。アメリカが強くなければ、いろんな意味でやっぱこの競技はダメなわけで、ゴールド選手が背負う期待は非常に大きいと思う。
そんな中、着実にステップアップしていて、確実に強くなっている。世界選手権で表彰台に上がるのも、そう遠い日でないはず…と感じているのは、僕だけではないと思います。ていうか、もう今月のことかもしれないし。

もっとできたという思いはあるだろうし、悔しさも残る大会だったとは思うのですが、それでも立派な成績には違いなく、今後にもつながる価値ある「4位」といえるのではないでしょうか。4年後は…ですね!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/02 21:24 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL