フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

「世界にひとつのプレイブック」

世界にひとつのプレイブック DVDコレクターズ・エディション(2枚組)世界にひとつのプレイブック DVDコレクターズ・エディション(2枚組)
(2013/08/23)
ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス 他

商品詳細を見る


ここでちょっとひと休み。スケートには関係ありませんが、小塚崇彦選手つながり(『アンスクエア・ダンス』)ということで。そして「いまごろかい!」なのだけど、思いのほかキュートで愛すべき作品だったので、ぜひ取り上げたいなと。

なんていうのかな、こういう方向に進んでほしいという方向に進む、王道のロマコメというかラブコメで、でもそれが素直に受け入れられて、観たあととっても気持ちがいい。主役の2人が背負うものは、彼らにとってすごく重いものだけど、作品の雰囲気を重苦しくするものでは決してなく、むしろ笑いを誘う要素にもなっていて、かつ寄り添いたくなる気持ちにさせるもので。

ジェニファー・ローレンスは、あらためてすごい俳優さんだと感じました。彼女が出てくると、もう目が離せないんですよ。相手役のブラッドリー・クーパーもすごくよくて、どこか可愛げのある彼が演じるからもった(映画)…というところが結構大きいんじゃないかな? ロバート・デ・ニーロなど、脇を固める俳優陣もすばらしいですし。

というわけで、駆け足も駆け足ですが、めっちゃおすすめの作品です。もう見たわ!かもしれんけど。まだという方はぜひぜひ。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL