フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

僕が選ぶ過去5シーズンのベストプログラム 【男子SP編】

2013/2014シーズンのお気に入り発表がやっと終わった(男子SPだけ…)ところで、どどーんと過去5シーズンのベスト3を選出しようではないか!という記事です。
例によって、ただ好きなものを好きといいたいだけなのよ。5シーズンに「キリがいいから」以上の理由はないので念のため。

3 パトリック・チャン "Elegie in E-Flat Minor" (2012/2013シーズン 第2位)
「フィギュアスケートの美しさ、その理想を体現したかのようなプログラムで、間違いなくパトリック・チャン選手のマスターピースといってよい作品ではないか」との思いは変わらず。静寂の中で響くはエッジの音のみ(動画はこちら)というのも、見どころの一つでした。

2 ジェレミー・アボット "A Day in the Life" (2009/2010シーズン 第1位)


この"DuPage Open"の時点で、「僕にとってジェレミー歴代ベストプログラムになるかも」と書いていたわけですが、現時点でもそうです。ルッツに行くまでの「膝を落として髪かきあげ」のように削られた部分もあれば、情感たっぷりに音楽を表現できるよう進化した部分もあり、シーズンを通して最初から最後まで好きだったなー。

1 小塚崇彦 "Theme from Exodus" (2012/2013シーズン 第1位)


これは以前「ここ数シーズンでベストのSPです、自分にとっては」と書いたとおり。5シーズンに限らずとも、フィギュアスケート史にその名を刻む屈指の名作、といいたいところ。2分50秒という短い時間で、これほどの奥行きを感じさせるプログラムは、本当にそうはないと僕は思うのだけど。以下、個人的ミーハー?ポイント(リンクあり)も発表してみる。

FSSp回転止めからの逆回転の「止め」が好きすぎる
セクシー「イーグル」がセクシーすぎる
何気なく頭上を舞う「手」の振り付けが何気にツボすぎる
アクセル後の「膝」ドロップのスパイスが効きすぎる
カーブを描くときの「表情」が超絶イケメンすぎる
後半怒涛のステップ時に発生する「波動」がぶっ倒れるほど凄すぎる

以上、奇しくもほぼ同時期に飛躍を遂げ、当時「新採点の申し子」的な呼び声もあったという3人のプログラムが、僕の過去5シーズンのお気に入りベスト3になりました。
皆さんもそれぞれにおありのことと思いますが、好きなものを「好き!」というのはすごく気持ちがよいので、ぜひそう叫んでみられるのをオススメします。好きだーッ!!!って。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/15 21:44 ] その他の記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL