フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

僕が選ぶ今季ベストプログラム 【男子フリー編 第3位】

2013/14シーズンのお気に入りプログラム、「男子フリー」編の第3位です。

3 ジェイソン・ブラウン ("Reel Around the Sun")
振り付けはロヒーン・ワード。のっけから何ですが、僕はそれほど『リバーダンス』の音楽って好きじゃないんです。でも、このプログラムは好き。それって結構「すごい」ことではないかと。曲の時点で「あー」ってなっちゃうと、それを覆すのはなかなか難しいことなので。まあ、あくまで僕の中の話で、極端といえば極端な物言いかもしれないのですが、勝手に「すごい」と思っています。

ジャンプ構成は決して強いとはいえないわけだけど、この4分半におけるジャンプの存在感、という点においては、とても強いものがあると思う。ジャンプも、やっぱ音楽表現における強力な武器なんすよ。当然の事実かもしれませんが。でも、あらためてそれを意識させてくれる、効果的な使い方というか、配置の仕方をしているのではないでしょうか。また、いまやブラウン選手が当たり前のようにトリプルアクセルを跳んでいる、という事実にも、感慨深いものがあるなー。

リンク先の動画は、全米選手権の演技。このときの会場の盛り上がりといったら、すごかったですよね。しかし彼のパフォーマンスには、それだけの「熱狂」を呼び起こす力があると思いますし、それを可能にする作品だったということも、間違いなくいえることではないかと僕は思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/07 22:00 ] その他の記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL