フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

僕が選ぶ今季ベストプログラム 【男子フリー編 第1位】

2013/14シーズンのお気に入りプログラム、「男子フリー」編の第1位です。

1 高橋大輔 ("Yesterday""Come Together""Friends and Lovers""In My Life""The Long and Winding Road")
もうとっくに新しいシーズンは始まっているというのに、いまだにこの記事を書いている、またそれにあたり、彼の演技を繰り返し見返しては目頭を熱くさせている自分って一体…と思わないではないものの、あふれる涙は止められないし、想いだって抑えられない、そういうプログラムが、13/14シーズンの僕のお気に入り第1位です。…バレバレでしたか?

あらためて、美しいスケーターだと感じました、高橋大輔は。その演技も、本当に美しい。アスリートの美しさや、身体表現の美しさ、それらが相まって、また「美しい」というひとつの言葉に集約されるように思うわけですが、それが「動く」とか「踊る」とか、そういう人間の根源的な欲求というんですかね、そこに訴えかけてきて、心も体も揺さぶられる…なんていう、自分にもようわからん境地に今日も誘われてしまった。ふー。

このプログラムのよいところは、やはり「物語」が感じられること、だろうか。それが振付師や選手の意図したとおりであろうとなかろうと、それぞれが思い描くモノが感じられる。ここでは感じやすい、といった方がよいのかもしれませんが、それは間違いなくあるだろうと思います。それから、そこにそれぞれの「高橋大輔」を、彼のスケート人生の在り様を、投影できると。自分の中にある、「自分だけのダイスケ」ってやつですよ。

もちろん、そういったものがなくとも、ただありのままによいプログラムだと思いますし、自分でもそういう見方ばかりしているつもりはないわけですが、そうしたものがない自分(状態)というのもなかなか想像できないので、難しいところだ。

あとは、やっぱり「愛」ですよ、この作品を語るに外せないワードは。何回いうねん。
これほどまでに愛せるものがあって、彼自身がそれに愛されて、そこに関わる多くの人たちからも愛されて、そのことに対する感謝、またそれに対してたくさんの愛が返される…という、なんたる好循環。この高橋大輔が表現する世界は、愛で満たされている。何回でもいったんねん。

…てなことを書いていたら今日になってしまい、その今日は特別な今日で、もう今日しかないだろうと、この思いを伝える日は。
でも、思ったよりストンと受け止めている自分がいる。何かが終わったようでいて、特に何かが終わったようにも感じないというか。これからも人生は続いていく。それもこのプログラムから感じられる、ひとつのメッセージだったと思うな。

以前にも書いたことがありますが、僕は同じ時代に生まれて、高橋選手のスケートが見られることの幸せ、それについて何度しみじみと思ったことか、感じたことか。それは、これからもそうだと思う。彼が残してくれた数々の演技を見返しては、そういう心境に至るだろうし、また今後目にするであろういろんな姿からも、そうした感情を抱くのではないかと。

だから今日この日、これからもよろしくお願いします!と僕はいうことにします。いやいや、いつもありがとう!これからもよろしく!って。そうしたら、いやいや、こちらこそよろしくお願いしますよ!と笑顔で返してくれそうじゃないですか?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/14 23:05 ] その他の記事 | TB(0) | CM(2)
感謝
はじめまして
長らく、暖かくもマニアックな情報と愛にあふれた貴ブログを密かに愛読させて頂いてました。
いつもは(感謝しつつも)ロム専だったのですが、どうしても今回は改めてお礼を申しあげたくて拙い初コメをさせて頂くことにしました。

今日の記事の言葉全てに深い共感を覚えます。私もこの希代のスケーターの軌跡を生で見てこれたことをこれからも感謝しつづけると思います。実は長らく一番応援してきたのは別の女子スケーターだったし男子フィギュアは二の次だったのですが、いつのまにか彼の毎シーズンの演技が最高の喜びの一つになりました。舞台は違っても、これからもそうだと思います。(お言葉をお借りしますが)今までそしていつも本当にありがとう!そしてこれからもどうぞよろしく!と言いたいです。

最近、フィギュアファンとして不甲斐ない思い・やるせない思いをすることが多く、思い入れのある選手たちの引退などもあり、気持ちが疲れてしまってました。今日の高橋選手の特別な日が来てしまいましたし・・・。ああ、そろそろフィギュアから距離を取ろうかなぁとも思ってました。

でもあなたの記事に心にしみて、あと少しフィギュアファンを続ける気持ちが湧いてきました。本当にありがとうございます。
ロム専の勝手な一愛読者ですが、これからもよろしくお願いします。
[ 2014/10/15 03:30 ] [ 編集 ]
Re: 感謝
一愛読者さん、こんばんは。

こちらこそ、心からありがとうございます。ブログをやっていてよかったと思う瞬間は、このようにいろんな思いを共有できたと感じられるときです。それはとても貴重なもので、たいへん有難いことだと思っています。

僕も気持ちが疲れること、ありますよ!でも、やっぱりこの競技が好きなんだなー(笑)。ちょっと離れたり、逆にくっつきすぎちゃったり(…)、その時々でどうしようもない部分も、またありますよね。
しかし、好きだからこういういい出会いもあるんだなーなんてほんわかしつつ、時にはその距離を測りかねながら、なんだかんだで見続けて…いくのかな? なんだかよくわからない感じになってしまいましたが、でも好きでよかったです、やっぱり。そう思わせてくださったことに、あらためて感謝!ありがとうございます。

タロウ
[ 2014/10/25 18:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。