フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートアメリカ】 女子フリーの感想

スケートアメリカは女子フリーの競技が行われ、ロシアのエレーナ・ラジオノワ選手が、シニアGP初優勝を果たしました。

SP3位のグレイシー・ゴールド選手のフリーは『オペラ座の怪人』。うーん、このままだと、試合の度に確認することになりそうな…ああ、『オペラ座の怪人』だったのか、と。
華もあるし、身のこなしも美しい選手なのに、なぜこうも印象が残らないのか。でも、ジャッジからの評価は良好で、単に僕がハマっていないだけ、という話なのだけど。

SP2位のラジオノワ選手はラフマニノフ。しかし、どういう意図があってああいう音楽のつなぎ方になるのだろう?という思いは拭えず。
彼女自身の演技は決して悪くなくて、ポイントポイントで曲に合った表現をしているように感じられ、とても好ましく思うのですが、全体としてやや一体感に乏しいような感じを、この段階では受けました。まだこれから、なのかな。

そういう意味では、SP首位のエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手のプログラムが、上位3人の中ではいちばんわかりやすかったかも。彼女の雰囲気にも合っている気がするし。それにしても、あの貫禄は一体どこから…。ただ演技そのものについては、ちょっと大きさが感じられなかったかなー。あともう少し、滑りを生かすような表現が見たい、という気持ちもあるでしょうか。

以上、まだシーズン序盤だというのに、ネガティブなことばっか言ってますが…次はカナダ! そういえば、小塚崇彦選手はスケートカナダ初めてなんだよなー。体調はどうなのだろう? ぜひよい演技をしてほしいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/27 20:50 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL