フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートカナダ】 男子SPの感想

引き続き、スケートカナダの男子SPの感想です。

マックス・アーロン選手の今季のショートは『フットルース』。ボーカル入りの曲を選択した彼ですが、いまのところ、そのよくない例かなと。どうにもボーカル先行というのか、全然表現していない部分が目立ってしまうというか。ラストにかけては、幾分よくなっていくようには感じたし、雰囲気も彼に合っているとは思うのですが。もう少し詰めてほしいかな。

ミハル・ブレジナ選手のプログラムは、選曲、衣装、振り付け、すべてが好みです。好きです。全体を通して、曲のテンポがよくとらえられていて、そこにリズムよく選手の動きが伴っているような、見ていてストレスのない、気持ちのいい演技。
ジャンプがハマってくれば、そこに感情も乗せていけると思うし、この基本の旋律の中に気迫というのか、そんなものが込められていけば、よりよいものに感じられると思います。これは期待したい作品ですねー。スピンの入りとかも好き。

Game of ThronesGame of Thrones
(2011/06/28)
Ramin Djawadi

商品詳細を見る


無良崇人選手は『カルメン』。これもすごくいい!衣装も髪型も振り付けも、すべてがマッチしているような。重厚で、それでいて弾むような心地よさもあり。定番中の定番ですけど、その「安心感」を上手く着地させているというのかな、期待を裏切らない内容になっている。定番ゆえの難しさもあって、誰がやってもよい方向にいくとは限らないわけで。
観客が望むであろうものを、そのとおりに、それ以上に見せる。かつ、充実のパフォーマンス。うーん、いいっすね!

ハビエル・フェルナンデス選手のプログラムも、これまたハマってるなー。観客のハートを見事にキャッチしていて、振り付けも、見せ方も上手い。
あと、彼はやはり「つなぎ」の選手というか、今度も見ごたえある場面がたくさんだ。ジャンプの入りにせよスピンの入りにせよ、結構おそろしいことやってませんか?

それゆえに、乱れが生じるリスクもあるわけだけど、そういうチャレンジしているところが、僕はとてもいいなと思っています。
いやー、いいプログラムがたくさん見られて、スケートカナダの男子SPは、とても楽しかった!です。満足満足。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/02 21:18 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL