フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートカナダ】 小塚崇彦選手のフリー演技

結果は先に見ていて、どうしちゃったのかな、故障も抱えている(先天性のものとの関連とでもいうのか、そのあたりは判然としないのですが)とのことだったので、その影響が大きいのだろうか…など、いろいろ思いは巡りつつ、実際の演技をテレビで見たわけですが、見終わった感想はといえば、「スケート美しすぎるやろ!」でした。

もちろん、残念は残念、結果は結果という思いもあります。しかし、それほど悪くなかったよな、というのが正直な感想でして。当然、結果を知っていたからそうなるわけで、でもそれを考慮に入れた上でも、決して悪いだけの演技ではなかったよな、と。

「スケート美しすぎるやろ!」は、最初からでしたけども、より強くそれを感じたのは、ステップのとき。素人目にも、「なんでそない伸びるん?!」と思いましたね。やはりそこは、振り付けのニコルさんが、そういう小塚選手の極美長所が際立つよう構成したから…ということもあるのだろうか。とにかく、ああ生で見たい!と切実に思ってしまった。

ただ、少し淡々として見えるかな…という演技だったようにも感じました。小塚選手にしては、スピンを早めに切り上げ、回転数の部分でレベルを落としたように見える場面もあったので、この次のこと、先のこと、いろんなものを計りながら、考えながら滑る側面が普段より強めに表れたのか、そうしたことも含め、なかなかままならない状況があったのか…。
それらはわからないことなわけですが、もしそういう部分があるとすれば、それがよい方向に向かえば、少しでも解消されれば、と願うばかりです。

コリオシークエンスも美しすぎるやろ! プログラムは、とてもすばらしいものになると思う。カナダのお客さまの反応(よかったですよね?)も、僕は心強く思ったし、小塚選手にも、ぜひそう感じてもらいたいと思いました。伝わるものは、きちんと伝わるのだと。

次はロシア。本人がいうような、「自己ベストを更新できるような演技」が見られれば。期待しましょう!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/03 20:09 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL