フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートカナダ】 男子フリーの感想 (1)

引き続き、スケートカナダの男子フリーの感想です。

チェコのミハル・ブレジナ選手は、4回転サルコウのミスや無効要素が出てしまうなど、パフォーマンスとしては残念だったかなとは思うのですが、その素敵衣装といい、イマドキなかなか見られない?正統派王子様プログラムがすごくいい感じ。「正統派」の根拠は特にないのだけれど。
途中ちょっと重複気味の王子様振り付けに、満腹中枢から指令が出そうになる場面もあったのですが、その「押し」は必ずしも間違ってはいないような。SPとともに、今季のブレジナ選手からは、目が離せそうにありません。

アメリカのマックス・アーロン選手は、冒頭あいかわらずの爆走っぷりが男前。プログラムも男前で、SPより断然こちらの方が音楽表現的にもよい、と僕は感じました。これまでのアーロン選手には見られなかった表現に対するアプローチも、結構あるような気がした。また見たい!と思いましたね。
あと僕がびっくりしたのが、2回目のアクセル(動画はこちら)。こんな入り方って、あるのかな? 特に珍しくなければごめんなさい…なのですが、僕はびっくらこいてしまいました。これもまた見たいぞ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/04 21:20 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL