フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【中国杯】 それでも求めたい、と思うのは…

画面に踊る「アクシデント乗り越え出場」の文字。つくづくテレビというのは、何かを「乗り越え」る人、彼らがそう判断でき、またそのように伝えることができる状況が好きなもの、なのだなと。そして、時には「乗り越え」させようと、主体的に動くことだってある。もっとも、これについては、僕が好ましくないと感じている、他の「ある」番組に対して思うことなわけですが。

僕はフィギュアスケートという競技において、その演技中に他の選手のいかなる情報が目に入ることも快く思わないし、そもそも「余計」なテロップなどいらない、と切実に思う。それはそれとして、今度のこれに関しては、一体何なのだろう?と。
目の前で起こる事態を、どう捉えてよいかわからない。自分がそういう、ある種の「混乱」の最中にあるとき、「乗り越え」という文字に垣間見える価値判断、とでもいうのか、そうしたものを早々に、延々と見せられることの違和感。

きっと彼らには、そんな一視聴者の物思いなど知ったこっちゃない、どうでもいいことなのだろうし、実際どうでもいいのかもしれない、こんな感覚なんて。
でも、ですよ。それでも求めたい、と思うのは、間違っているのかな? 自分のそれに通ずるものを、この相手にも持っていてほしいとか、少なくとも斟酌はしてほしいとか思うことは。そういう姿勢が、一方的にでも感じられる画面を。見えないもの、見せないことから。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/08 23:49 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL