フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【全米選手権】 ジェレミー・アボット選手のSPの演技

演技後、天に向けられたその手を見て、彼の胸に去来したもの、彼が直面した、している状況について、思わず想像してしまうところがありました。
ただ同時に、いい演技だった、このプログラムのすばらしさ、この競技のすばらしさを、またとてもよいかたちで伝えてくれた、と、そう素直に感じられるパフォーマンスを見せたアボット選手に、いつもどおりファンの一人として、喜びと誇らしさでいっぱいになったとも、お伝えしたいです。

解説の杉田さんもおっしゃっていましたが、今日もよく滑っていたなー。アップライトスピンのあのポジションは、初めて見たような気がする。どうだろう。
あと、初見の記事にも書いたように、これはボーカル入りの競技プログラムのたしかな「成功例」だと思います。体が、スケートが歌っている、みたいな。しみじみです。しみじみ、いいなーというあの感覚。また見返しての、この感覚。いつまでも味わっていたいよ。

フリーでも、ジェレミーらしい演技が見たいです。いつもそういってますが。いつもそう思っているので。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/24 21:35 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL