フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【カナダ選手権】 リアム・フィルス選手の演技

「いいものを持っているのに、なかなかクリーンプログラムを見ることがない」。これはCS解説の岡部由紀子さんのお言葉なのですが、本当に彼に関しては、これに尽きるなと。結果的に、世界選手権の代表を逃すことになり、とても残念に思っています。

ジャンプも不安定なところがありますが、彼のもう一つの泣きどころは、やはりスピンなんですよね。一時期に比べ、だいぶ安定してきたのかな…と思っていたら、いちばん大切な試合で大きなミスが。僅差でしたから、「たられば」はナシ、というのは頭ではわかっているのだけど、ついつい考えてしまった。

しかし、大国カナダで2年続けて表彰台に上がったのは、すばらしいことですし、四大陸の代表には選出されたので、そちらの演技には期待したいです。初めての、シニアの選手権大会ですからね。新しいSPの『アディオス・ノニーノ』も、なかなかいいプログラムだし、ソウルではぜひクリーンプログラムを見せてくれ!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/07 21:30 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL