フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【四大陸選手権】 ハン・ヤン選手のフリー演技

いつも触れていますが、今度も触れずにはいられない冒頭の3A+3T。すごいなー。コンビネーションでほぼ満点の加点ですからね。すごいや。もひとつ触れずにいられないのが、やはりその滑り。スケーティングで語れる男は、いい男だ。

それでも、ジャンプ構成ということでいえば、彼は最も強い部類に入るわけではないと。すごい時代だなと思いますが。でも、加点幅の大きいアクセルで最大限稼ぐことができる(今季は2つ)のは、大きな強みですし、いまはこのままじっくり足場を固めてほしい。プログラムについても、いまこういう作品を滑っておくのは、すごくいいことだと思うので。
ニコルさんと組んで、だいぶ彼に対するイメージが醸成されてきたように思うんですね。あとあと、それはもっと生きてくると思う。このあと、どういうプログラムを滑るにせよ。

今季前半、苦しい思いをしたハン・ヤン選手が、ここで地力を発揮し、表彰台に上がったことは、とてもうれしいです。世界選手権でも、その活躍を期待したいですね!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/18 22:06 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL