フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【世界ジュニア】 山本草太選手のフリー演技

また少し間が空いてしまいましたが、皆さん、草太ですよ。トリプルアクセル2発!!カメラ目線再び!!で、世界ジュニアの銅メダル!! フリーは山本選手本人も納得の、すばらしい内容だったと思います。
しかし、彼も今シーズン初めて跳んだわけですよね、アクセルは。それを最後の大会で、フリーは2度も。プランとしては、全日本でも想定はしていたそうなのですが、この締めくくりとなる大一番で決めてくるとは。すごいなー。

なんといっても、山本選手の演技は見ていて気持ちがいい。その理由は、やはり定評のあるスケーティングのすばらしさ、ですよね。ジャンプの着氷も流れていくし、スピンの質も高いものがあるし、その演技全体を通したストレスフリー(?)っぷりは、シニアの中に入っても、引けをとらないような気がする。いつまででも見てられるわっていう。

今大会も、その滑りには高い評価が。つなぎがちょっと…という感じですが、彼の場合はSSが突出しているため(スコアを)一見してそう見える、というところもあるのか。でももしかしたら、演技の面でもそういうことはいえるのかもしれない。滑りも全体の流れもよく、リンクの使い方も広い(ように見える)。その中で、そう「見えてしまう」的な。よすぎるがゆえのアンバランス、みたいな。わかったようなわからんような。

そこにアクセル2回という演技構成がさらにそう見せた、という点もあるかもしれないし、表現面のまだ「こういう振り付けをされました」感とでもいいますか、ちょっと淡泊に映る面も(間接的に)影響しているのかもしれないし。
その一方で、たしかに強化してほしい点ではあるのだろうけど、そこまでなのか?とも思うわけで。言い方は悪いですが、草太は捕まえるのに…逃がしますか、というね。特定の選手を指すわけではなく。少し釈然としない。しかし、それもよすぎるがゆえのことかもしれない。いや、だったら余計に悪いよ!とも思ったり。わかったようなわからんような。

…またちょっとこじらせてしまいましたが、でもとにかくよかったです。いまでも十分すごい彼ですが、これからもっともっと伸びていく選手だと思いますし、そう遠くない未来に日本を、世界を背負って立つ存在になると思うので。言い切ってしまった。でもほんまにそう思うんよ。ただそれよりなにより、もっと山本草太の演技が見たいんだ! そう思わせてくれる選手の、大きな一歩。世界ジュニアの表彰台、本当におめでとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/08 19:29 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL