フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【世界ジュニア】 宇野昌磨選手のフリー演技

冒頭に大きなミスがあり、それがまた微妙な判断を迫られるものだった(らしい)ため、宇野選手としてはなかなか難しい状況の中でのフリー、そしてやや悔いの残る内容になってしまったのかもしれませんが、僕はそれでも、とてもいい演技だったと感じました。

少なくとも、全体の流れが途切れるような類の綻びは見られませんでしたし、スピードも躍動感もあった…ように僕には感じられたし、常に音楽とともにある、みたいな彼のよさは、存分に味わえたと思う。要素に集中していく場面でも、どこか音を身にまとっているように見える宇野選手の不思議。いや、ちゃんと理由はあるのだろうけど、なんなんだろうなーって思いますね。

あと、今回彼は押しも押されもせぬ優勝候補の筆頭…だったわけですよね、おそらくは。そこで最終的に勝った事実というのは、すごく重いですよ。全日本や四大陸での存在感を見ても、今度のジャッジの評価を見ても、もうとうにシニアの選手という感じの宇野選手ですが、この勝利を経ると経ないでは、結構な違いがあるのではないかと思うので、素直によかったな、いい一歩を踏んでくれたな、と来季の活躍がますます楽しみになりました。
世界ジュニアの優勝、心からおめでとうございますと言いたいです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/14 22:18 ] 14/15シーズン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL