フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【世界選手権】 無良崇人選手のSPの演技

苦しいスタートになってしまった無良選手。4回転の失敗もさることながら、アクセルのミスが痛恨だったでしょうか。彼の代名詞ともいわれるジャンプですが、残念ながら失敗するときは、どちらかといえば「抜ける」ことが多いような気がし、それが現行のルールにおいては、最も痛いミスになってしまうと。

最後のスピンにも"V1"のマークが。フライングの部分がよく見えなかったのですが、おそらくは着氷後の方ではないかと思います。演技についても、カルメンは印象的な音を逃さず拾っていくことが大事だと思うので、その意味でも少し外しているように見えるところがあったのは、惜しかったかなと感じました。

四大陸選手権のあと、両足首の捻挫があったとのこと。そうだったのか。「どういう状態でもしっかりもっていくということができなかった」(※)と語る無良選手に、あらためて彼が生きる世界の厳しさを見るような。

しかし、無良選手の世界選手権はまだ何も終わっていないわけで、ただリンクに立つその姿がもうカッコイイ、フリーの『オペラ座の怪人』に期待すべし!!
どういう状態でも期待するのはファンの特権であり、また試合のそれも含め、何かを決めつけて見るのもあまりよくないのだ。といっても…などというのは、ひとまずでもなんでも封印するか、ちょっと気になりつつもそっと、ふわーっと脇に置いてみて、今夜の演技を楽しみに待つ!! そういうことです。

(※www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015032701045&g=spo)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/28 11:09 ] 世界選手権 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL