フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【世界選手権】 小塚崇彦選手のSPの演技

小塚選手も、厳しいスタートになってしまいました。ルッツがなー…ちょっと慎重に入りすぎたようにも見えたのですが、どうだったのでしょうか。そこに至るまでの印象的な振り付けも、この大会に臨むにあたってそうしたのか、演技の流れの中でそうしたのかはわからないものの、結果的に省略されていたのがすごく残念だ。全体を通して、彼の「熱」に触れられなかったように感じられたのも、とても残念に思っています。

原因は「わからない」と。うーん。…そこで「自信」という言葉に結びつけるのは、安易だろうか。いろんな意味で、また本人がわからないと言っているにも関わらず。
なかなかスッキリとはいかないことが多かった「SP」とか、失敗することも少なくない「ルッツ」(コンビネーション)とか。いまの小塚選手に必要なのは、そうしたものに対する自信というか、それにつながるたしかな積み重ねというか、だからもっとそれらを積み上げる、重ねていく過程がこれからも見たい、またその先にある結果も…なんてつなげていくのは、これはあまりにアレか。安易かつ身勝手かつ空気読めてないかつ…。でも僕は、彼に続けてほしくて続けてほしくてしょうがないんだよな。

いや、それでも、いまそれいうのはいろいろ違うでしょって話で。でも、いろんなことが惜しくて惜しくてたまらないよ!ってなっちゃうSPだったのも、僕の中ではたしかなことで。
この素敵なスケーターが素敵な滑りで素敵なプログラムを素敵に演じる素敵な姿を、世界中の素敵な人に見てもらいたい!というお前どこの素敵な何様やねん!!願望の持って行き場を、僕は持て余してどうにかなっちゃいそうなんだ!!

だから、それはフリーで頼むよ。オープニングで、小塚崇彦の最高のフリー。それこそ、素敵な響きでしょ? 楽しみに待つ!!本日2回目!!それだけ!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/28 12:01 ] 世界選手権 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL