フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

僕が選ぶ今季ベストプログラム 【男子SP編 第2位】

2014/15シーズンのお気に入りプログラム、男子SP編の第2位はこちら。



2 "A Evaristo Carriego" 小塚崇彦
振り付けは宮本賢二。初見の時にも書きましたが、僕はタンゴの何たるかなど、まったくわかっちゃいない。しかし、僕はこの小塚選手のタンゴをとても愛しています。あと、やっぱ色っぽいなーと。練習着で滑ってなお…



色っぽい。さすが宮本さん!と思いますし、こちらの練習動画を見ると…



角度的に、その色っぽさの源泉は、やはり彼のスケーティングにあり!というのがよりわかりやすいのかなと。足元からクルってやつ。これぞ、フィギュアスケートの醍醐味ってことで。それをずーっと伝え続けてくれているわけですね、彼は。
この作品で、どちらかといえば苦しむ小塚選手の姿が目に浮かぶのは、率直に言って残念に思います。が、ロシアから感じたあの熱も、決して忘れてはいないのだ。あらためて、その魅力のデカさに気づかされ、新しい魅力、境地も見せてくれたプログラムとして、このシーズンのお気に入りの一つに自信を持って挙げたいと思うところです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/27 21:36 ] その他の記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL