フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

僕が選ぶ今季ベストプログラム 【男子フリー編 第3位】

(今季ではなく)2014/15シーズンのお気に入りプログラム、男子フリー編の第3位はこちら。(リンクはスケートカナダの演技)

3 "The Phantom of the Opera" 無良崇人
振り付けはトム・ディクソン。昨シーズンは、正直またかい!というぐらいにこの『オペラ座の怪人』の曲が使用されたわけですが、その中で僕的にベストだった、いちばんよかった、いちばんオペラ座していた(?)のは、無良選手のそれでした。
曲を上手くつないでいき、全体として一つの世界を構築していくことには定評があるディクソンさんですが、ここでもその職人技が光っていたような。無良選手が持つ(そして他の選手になかなか見ることのできない得難い長所である)「力強さ」が最後までよく引き出されており、リンクいっぱいに躍動するさまは、「カッコいい!」としかいいようがなかったです。

それぞれのシーンの表現だったり、またその転換も秀逸だったし、結果的に乱立してしまった選択の中で、際立って心に残る作品になった、そう僕は感じています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/01 22:33 ] その他の記事 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。