フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

しみじみ「いいなー」と感じるプログラム



ロス・マイナー選手のショート・プログラム、"New York State of Mind"(振り付けはジェイミー・アイズレー)です。しみじみ、いいなー、かっこいいなーと。すごく音を大切に捉えているように思えるし、その一つ一つの振りが洒落ていて、曲の雰囲気にぴったりというか、そういう雰囲気を振り付けが作り出しているというか。もちろん、マイナー選手の身のこなしもカッコいいのだ。

ジャンプのタイミングなども、きちんと音楽に合わせていますよね。ステップのターンにしても、リズムに合っていて。本当に、見ていて気持ちがいい。ちょっとした「タメ」も効いていて、くーっ!(?)という感じです。プログラム全体を通して、肩とか首とか、いろんな動きで表現しているよなー。地上波解説の佐野さんがハマっていた箇所も、たまらないカッコよさです。

あと、僕いわゆるA字スピンというのだろうか(ハンドブックでUFの一例として挙げられているもの)、あのポジションがあまり好きじゃないのですが、マイナー選手のように腕をクロスしてくれると、結構好きかもです。細かい話ですが。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/04 20:48 ] 15/16シーズン | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL