フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

貫禄のショート・プログラム

やっと…なのですが、中国杯の浅田真央選手のお話です。「貫禄」、感じませんでしたか? なにか、そうとしかいいようがないっていう。滑る前は、さすがに緊張しているのかな…というようにも見受けられたのですが、いざ滑り始めたら、なんか、もうすごいなって。
それでいて、いろんな新しい驚きにも満ちあふれており、かつここで「キャリアベストじゃないの?」というプログラムを持ってくるっていうね。うーん、フリーを見ても、やはり浅田真央のいちばんの理解者は、ローリー・ニコルだ!と思わず。

僕は最初『素敵なあなた』と聞いて、アボット選手のバージョンを思い浮かべていました。なにせ、いささかジェレミー脳なもので…。これですね、これ。



いま見ると…というかいつ見ても、使用したのは一部だけだったわけですが、でも勝手にそういうアップテンポな感じなのかな?という思い込みがあり、そして勝手に意表を突かれ、それからその変動するテンポを自在に操る浅田選手に翻弄されまくる心地よさに酔いしれた、と。そういう顛末。

しかしよくできた…というのはおかしな表現なのだろうけど、ホント浅田選手のために作られた曲という感じがして、そこに序盤中盤終盤と上手く見せていく振付師の手腕と、それを現実のモノにする選手の力と…。またまたすごいとしかいいようがない。
特に、やっぱステップっすよ。畳み掛けられて畳み掛けられたわー(?)というその興奮の境地たるや、フィギュアスケートのステージ、また確実に上げちゃったよなーと感じ入ってしまいました。

明日またこのプログラムが見られる!と思うと、それだけでイヤ~な仕事も乗り切れそうだ。イヤな話だけど、いま自分すごく「イヤ~な」感じなもので。でもそういう人に光を与えてくれる存在というのは、すごく尊いですよ。勝手にいろいろ託しちゃって…なんて思うことなく、勝手に託しちゃうものな、こっちは。ああ、でも楽しみだ。この託す幸せ、託せる幸せを与えてくれる選手に感謝。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/26 22:45 ] 15/16シーズン | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL