フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

謎は深まるばかり…

四大陸選手権では、同じく中国のハン・ヤン選手も2日間を通してすばらしい出来でした。シニアに上がってから、これまでで最も成功を収めた大会といってもよいのではなかろうか。(トップレベルに比べれば)弱さを指摘されていたジャンプ構成も強化されてきて、そのコントロール(に今季は注力しているといわれる)も実を結びつつあるようでなにより。

SPは90点いくかなーと思っていたので、得点を見て同様に少しガックリ。彼は頼むよ~的な様子から上がったり下がったり、キスアンドクライでは素直な感情を見せるタイプで、僕はそこも好きだったりする(笑)。でもポジションが認定されなかったっぽいスピンのノーバリューは、まだこの大会でよかったのかなとも思います。世界選手権に向けて、よい教訓になったのでは。

フリーも内容はすごくよかった。…うん、いや、ホントよかったと思う、思うのだけど、それはそれとして、見れば見るほどこれは一体どういう作品なのだろう…という謎は深まるばかり。謎の振り付け、謎の編集、結果謎に満ちたプログラム…。個々に光る部分も見られるだけに、困惑の度もまた深い。一体なぜこうなった、と。うーむ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/03/01 21:34 ] 15/16シーズン | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL