フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

いちばんいいと感じたのは

今大会もまったく失敗する気配がないというか、とにかく安心して見ていられた宮原知子選手の演技。うっとりと、まさにため息もの…という言い回しをしたのは何万人目かという感じですが、でも本当にうっとりするようなすばらしいフリーでした。
SPの選曲も、今後に必ず生きてくるであろうという、キャリアを考える上でもとてもよい選択だったと思うのですが、宮原さんにこれ以上ないというくらい合っているなーと感じられたのは、やはりフリーの方だったと思います。ていうか、今季の女子の中では、ベストの組み合わせだったのではないだろうか。

プログラムの構成もすごくよくて、つなぎの振り付けにせよ要素の配置にせよ、音楽をとても大切にしていると感じられる。ローリー・ニコルさんのいい面だけが出たというか。なんぞ悪い面あんのかい。
リンクの使い方にも偏りは見られなかったように思うし、伸びやかに、訴えたいことはスケートで表現している、という感じもたまらなく素敵で、僕は最終グループでいちばんいいプログラムを滑っていたのは、間違いなく宮原選手だと思っています。

そういう、フィギュアスケートで大事にされてほしいな、と自分が思う要素が最も入っていた作品、また演技に対する評価が…なのだけど。言いたいけど、言いません。いや、まあほとんど言ってるんすけど。はぁ。こっちのため息いらんっちゅうねん。
昨年より順位こそ落としたものの、その演技はあらためてすばらしかったと言いたいです。価値ある結果。来季の選曲も楽しみだ!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/04/04 21:19 ] 15/16シーズン | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL