FC2ブログ

フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

パトリック・チャン選手の新SPを見て



曲は『すべては風の中に』("Dust in the Wind")。やばいよ、泣かせんなよ、パトリック…と思わず。長い選手生活、すばらしいキャリアを誇る彼が、おそらくは特別な意味を持つであろうこのシーズンにこれを選ぶか…的な見方をついしてしまうわけですが、しかし他に誰がこれ以上の説得力を有し、この境地を表現できるだろうかと思ったり、それぞれに感じて、感じて、感じて、それらを否定も肯定もせず、そのすべてを包み込んでしまう包容力、みたいなモノに思いを致したり。あぁ、なんか自分勝手な解釈の世界に旅立っちゃうわー。でもそれもどっこい許してくれそうな、そんな境地。

結構難しい曲だと思うんだけどな。最初から最後まで一定(のリズムというかテンポというか)といえば一定で、そこで選手の力が問われてくるのだろうし、そこにまさにパトリックのパトリックたる所以が如何なく発揮されていて、見事に一つの世界観を提示できている、と僕は感じるのだけど。
最後のスピン間の演出とか、もう心憎いっていうかね。あ、でもフィニッシュの振り付けだけは、変えてほしい。もっとこう、上じゃなくてナナメ下(向いて)!みたいな。余韻漂わせる系の!みたいな。取るに足らない一ファンの希望、ということで。いや、なんとかならんか。ぜひなってくれ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/21 23:06 ] 17/18シーズン | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL