フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キム・ヨナ選手が今季完全休養の意向を表明

率直に言って残念だなと。これで安藤美姫選手とキム選手、前季の世界選手権1位と2位の選手が完全休養というかたちになるわけで。やはりすべての役者が揃わないというのは、寂しいものです。
といっても、昨シーズンと同じように世界選手権のみ出場するというのも、やはり難しいものがあると思いますし、その結果として不本意な演技を見るのもつらいんですよね。そういう厳しい世界だといえども。
(ふたたび)といっても、新しいプログラムを滑る姿は見たいんだよな。昨季もフリーは「うーむ…」と思いましたが(これ毎年いってますが、好みの問題なので)、『ジゼル』は「アリ」だと感じたもので。いろんな音楽表現があっていいじゃん!ってことで。
しかしキム選手にしても安藤選手にしても、頂点を極めた人にはある程度休息(というか「考える時間」といえばよいのか)が必要なのかもしれないし、またそれが許される立場なのかなと。誰が許す許さないという類の話では(当然)ありませんが。
でも願わくば、2人とも来シーズンは完全復帰してほしい。ファンとしては強くそう思います。ロシェット選手もぜひ、ね。

話は変わり、このニュースを「真央ちゃんラッキー!安藤、ヨナ休養で女王にグ~ンと接近」という見出しで報じたメディアが。まあ(元々)まともに取り合うのもどうかと思うところなのですが、たしかにどういうかたちであれ、トップ選手が戦線から離脱すれば、他の選手にチャンスが回ってくるというのは事実ですよ。それがスポーツというものだし。
でもこれまで2度も世界の頂点に立った選手に対して、また新たなアプローチで自分のスケートと向き合おうとしているその道のりも無視して、よくこんな表現ができるものだなと。というか、よくこれだけ(あらためて)「オレはバカでーす!!」と力いっぱい叫べるものだなと。相手をする僕も大概バカなんすけどね…。あーあ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/19 23:23 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。